2007年05月23日

Are You Jonile tonight?

200705222027000.jpg200705222021000.jpg

今夜は気が気ではない夜…。
夜更かししようか?早く、寝よう!か…迷っています。結局、明日の仕事の事を考えると気が重いので…、焼酎を急ピッチで飲んで…、早目の就寝を試みましたが…、そうは簡単に眠れませんよネ…。多分、日本全国にそういう方が軽〜く、3000万人位はいると思いますヨ…。
気が気でない理由…、女の子からの電話待っている男性って…日本の男性人口の約半分位…いますよネ…?
ホントに真剣だから、携帯は部屋で一番に感度の良いところに置いて…、お風呂に入るときも防水の為にラップして持ち込んだり、勿論…緊急の場合に備えて、トイレにだって持ち込みます…。その位、徹底している今宵…。不意な電話でも会話が出来るように…お酒を飲んでテンションを高めます!
今日の一杯は「白金の露黒(しろかねのつゆくろ)」…、そして肴は京都の男前豆腐店の「Are You Jonile tonight?」…。「白金の露黒」は平成18年度の「全国種類コンクール」で本格焼酎・芋焼酎部門の両部門で第1位に輝いた銘酒…。奇をてらったところもなく…オーソドックスな芋焼酎ですが普通に旨い、ホントに旨い焼酎です!肴の方は以前にもブログで紹介した男前豆腐店の豆腐…。ポン酢やラー油、オリーブオイル+黒胡椒、メープルシロップetc…パッケージの裏に書いてある通りに試してみましたが…これが旨い!チーズを思わせる位に濃厚でデザートとしてもイイ感じです!ただ、日本人のボクはやはり醤油系が合うと思いましたが…無限の可能性を感じる豆腐です…。
でも、本当に気になることは深夜に行われる「欧州チャンピオンズリーグ」の決勝です!3:45からのTV放映です!知る人ぞ知る!因縁の対決ですが…今回、ボクはACミラン派!やはり、大好きなオランダ代表のセードルフとイタリア代表のガットゥーゾがいますので…。
でも、女の子からの電話で眠れないなんて…そんな事、何年ないことか?いや、十数年ないことか…。
posted by 水戸ブースカ at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

「Selene」のミント・ジュレップ

200705182045000.jpg

週末は所用があり、久々に水戸に帰ってみた…。
金曜は「ごきげんの会」の初期メンバー2名と一緒に「Selene」で一杯。Seleneは水戸屈指のBar…。英国の「スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティー(S.M.W.S)」が認めた数少ないお店のひとつであり、また日本バ−テンダ−協会茨城支部長を努めるマスターが素晴らしく旨いカクテルを飲ませてくれるBarでもある…。
ビールではじめたボクは2杯目に「ミント・ジュレップ」をチョイスした。「ミント・ジュレップ」はフレッシュのミントの葉と砂糖(グラニュー糖)を潰したグラスにクラッシュドアイスをいっぱいに詰めその中にケンタッキーバーボンを注ぎ込む、アメリカ南部ではポピュラーな夏のカクテル…。5月の第一土曜に開催されるケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとしても有名で、同ダービーの出走馬が本馬場入場の際にこれを飲みながら、ケンタッキー州の州歌を観客全員で歌うのが習慣となっている。多分、みなさんも映画などで一度は目にしている筈である…。
実はボクはこのカルテルが大好きでフレッシュのミントがありそうなお店では必ず注文する。しかし、流石「Selene流」…カクテルブック通りにはつくらない…砂糖は和三盆?…クラッシュドアイスではなく、ロックアイスをキンキンに冷えたコリンズグラスに沈め、ちょっぴり多目のソーダ…。なかなか上品なタイプの一杯…。2杯目には丁度いいかも知れない…。

そうそう…この日はmixiやブログでの交流が中心のマスターを初め、約束したように出逢ったhikoさんなどと色々とお話する機会があり、ちょっとした「オフ会in水戸の街」の様で…、しみじみと「良いよなぁ…、水戸って…。」と再確認出来た夜でもある…。
優しい味のカクテルが似合う…オヤジもチョットいいかも…?
posted by 水戸ブースカ at 23:07| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

福山雅治61%

9739169_3368198654.jpg9739169_497919770.jpg

現在、ボクには2名の女性部下がいます。
その女性は各々、女盛りの27歳と25歳なのですが…実はその2名…とても、可愛いです(汗)…。
えぇ…どの位可愛いかって…?27歳の方は「吉澤ひとみ」に54%似ていて、25歳の方は「米倉涼子」に50%似ています。「モー娘」と人気・実力1,2位を争う女優に囲まれながら、毎日…仕事をしているボクは本当に幸せ者なのです。「月9」のドラマがそのまま現実になったような世界で…、給料ではとても払い切れそうもないマンションに住み、高級ブランド品を身に纏い、仕事1割、恋愛9割!携帯鳴りっぱなしの忙しさです!そんな、部下のことを憂う…一応、上司のボクですが…、何を隠そう!ボクはその「月9」ドラマの主役を務める福山雅治61%です。
そうなんです…『%』表示で気付いた方も多いと思いますが…?我が職場に「顔ちぇきブーム」がやって来ました!「顔ちぇき」は「写メ」した顔の画像を送信して、コンピューターで似ている芸能人を無料で審査してもらうインターネットのサービスシステム。結果は1分程度で携帯にメールで届きます。
こんな子供騙しに一喜一憂…、審査結果が「吉澤ひとみ」と「米倉涼子」…そして、ボクが「福山雅治」。
「似てねェ〜!」をお互いに連発しながらも、悪い気分もせずに仕事のモチベーションもナゼかアップ!ホントに安い…3人なのです…。
個人的には自分を「ブールース・ウィルス」か「アンドレア・アガシ」に似ていると思っています…。
posted by 水戸ブースカ at 21:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

「disturb」

200705162229000.jpg

「あいつは話が長くてオレの仕事を『disturb』する!」
アメリカ帰りの上司が「disturb」という単語をよく使っていた…。
一応、ボクもそれなりに大学の受験勉強はした方?なので、『disturb』の単語の意味は知っていた…。

disturb:<…を>(かき)乱す、仕事(など)を中断する

4月から我が職場に「NO残業DAY」が導入された…。従業員への思い遣りなのか?人件費の節約なのか?幸か不幸か?突然、週に2回、導入された…。「人海戦術」ではなく「少数精鋭」で効率を高める作戦の我が部署では、必然的に残業が宿命!…「NO残業DAY」では正直、困る…。これでは『disturb』そのものだっ!
昨日は火曜で「NO残業DAY」。日もまだ高いのに、追われるように職場を後にして…、一週間ぶりにブログ更新をしようと思ったのだが…。ネット接続ならず!何度もPCを再起動したり、「ヘルプ」を参照して設定を変えてみたり…etc。結局、今朝の新聞を見て怒り増幅!!NTT東日本の不祥事!ここでも『disturb』…。
これではお酒の量も増加してしまいますネ…。
posted by 水戸ブースカ at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ちょっと贅沢なシーチキン

200705092140000.jpg200705092142000.jpg

一年の内で上期が極端に忙しいボクの仕事…。
どんなにキッチンに立つ事が好きな方でも…、23時近くになってから晩御飯の支度をしようとは思いませんよネ?こんな場合、ボクは軽く?(嘘!)晩酌して、就寝ということも少なくないのですが…。これが、実に侘しい…。コンビニやスーパーに立ち寄るのも面倒だと、買い置きの缶詰で一杯という時もある。「缶詰=非常食」というのが一般的かもしれませんが、ボクの場合、「通常食」に近いものがあります…。
でも、たまには気分を高揚させようと「ちょい高級」な缶詰を入手しました!「シーチキンとろ」!「はごろもフーズ」が夏にとれた「びんながマグロ」をそのままの状態でパッケージングした限定品の缶詰です。缶詰のくせに箱入りの高級品!缶の中にはフィレ状のマグロが鎮座し、なかなか風格があります。肝心の味ですが…一枚づつ剥して食べると「上品なツナ缶」という感じで非常に美味しくいただけますが…、マヨネーズなどで「グルグル混ぜ」にしたら単なる「シーチキン」になってしまいます?それも、ボクの好みなのですが…、これはチビチと素のまま食べることをお勧めします…。
「ちょっと贅沢なシーチキン缶」美味しいですが…、茨城では1店舗のみの取扱いです。探してみて下さい!


posted by 水戸ブースカ at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

朋あり、遠方より来たる。

200705061531000.jpg200705061530000.jpg

とうとう、9連休のGWが終わってしまった…。
夏休みが待ち遠しい今日…、みなさん如何お過ごしでしょうか?
さて、報告です…。GW中盤&終盤は我が家の宿泊客ラッシュでした…。終盤には大学時代の先輩・同級生・後輩の計3名がやって来ました…。奴らとは大学を卒業して早15年になりますが…未だに色褪せない仲間ぶりで、年に数回は旅行に行ったり、酒を酌み交したりしています。特に!…という訳ではありませんが…今回は我が家が舞台の酒宴となりました。
今回の目的は唯一の既婚者である後輩が先輩3名にお説教をするというコンセプトでした。が…、後輩は到着が遅くなり、昼過ぎから飲んでいたボク達はすっかり出来上がっていました…。
こうなったら、話を聞く先輩3名ではないのですが…、我らが酒宴の「掟」2つは厳守です!「学生時代の想い出を…」「仕事の愚痴を…」この2つを酒の肴に飲んではいけない!ということ…。15年間みんな守り続けています。ちなみに最近のメインの話題は「メタボリク・シンドローム」「住宅ローン」「ハゲ」「子供の躾」など…。いくら「色褪せない仲」とはいっても話の内容は歳相応に変わって来ています…。
東京から一升瓶を持参で来た先輩お気に入りの泡盛「残波(ざんぱ)」。ボクも気に入りました!泡盛独特のタイ米臭は正直パスなので、好んで飲まないのですが…これは、香り良くフルーティーです。そして、ボクが対抗で振舞ったのが軸屋酒造の「凛」。以前、ブログで紹介した「紫尾の露」の黒麹バージョン。これも、美味いです!
美味しく感じるのは「気の合った旧友」と飲むからなんですが…。
posted by 水戸ブースカ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

空を見上げて、そして眼下に…

200704301552001.jpg200704301615000.jpg200704301612000.jpg

水戸というと…「水戸黄門」や「納豆」「偕楽園」「水戸泉」(爆)を連想しがちですが…、これは県外で生まれ育った人が思う『水戸』のイメージであって、ボクのように元々『水戸』を生活の中心としていた者の場合、それを連想する事はあまりないような気がします。ボクが栃木から帰って来る時に郷愁を感じるのは「水戸芸術館」のシンボルタワー。住み慣れてしまえば、何ともない風景ですが…、正四面体をつなぎ合わせた100mの塔は遠くからでも圧巻です。
GW中、暇なのでそのシンボルタワーに久しぶりに登ってみました。確か「水戸芸術館」が開館したのはボクが学生の頃で、水戸市制100周年を記念して建設されました…。それ以来のお登りです…。きっと、その時は女の子と一緒だったと思うのですが…誰だったかは忘れてしまいました…もう、17年前ですから…。
タワー展望台の丸窓からは「わが街」が見下ろせます。長年、問題になっていたユニーのビルが壊されているのも…、「だいだら坊」の足跡と言われる千波湖も…「kells」に「GANCHO」に「selene」も…こうやって見渡すと『水戸』がとても素敵な街…に思えてきます。ちなみに展望台に登るには絵はがき1枚付で大人200円。
そう言えば…私、学生の身分で社会学の実習授業を兼ね「水戸芸術館」建設に携っていました…。まだ、若かったので真剣に汗をかきなが頑張りました…。勿論、日雇いの「肉体労働」ですが…。
posted by 水戸ブースカ at 12:10| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

フードバトルスタジアム2007

200705012158000.jpg200605150927002.jpg

最近、密かなマイブームの「大食い」&「デカ盛り」…。GW前半戦のビックイベントとして行ってまいりました!川崎まで…。開催されたのは「フードバトルスタジアム2007」簡単に言うと素人さんが大食いを競うイベントですが…、凄いんですヨ!その食いっぷり!
司会は「丁半コロコロ(前のX-GUN)」!ゲストは大食い王の「ジャイアント白田」と先日の「大食い女王戦」で準優勝した「エステ三宅こと三宅智子」のお二人…。ネット上の告知のみ?のようですが…結構な人気で会場は超満員です!その道では有名な方々(大食い女王戦出場の「ブランド仲山」こと仲山沙織さん等)が観戦にいらしていていました…。
勿論、ボクの参戦!はなかったのですが…、最終的には最前列で観戦していました…。試合は予選を勝ち抜いた猛者を押しのけ、細身の女性が優勝!実に総計4.6kgのモツ鍋とライスを20分で平らげていました!最初から最後まで変わらぬペース…豪快です!
試合後はジャイアント白田さんと三宅智子さんのデモンストレーション…お二人共に一杯2sのとろかつカレーを10分間で2杯以上の完食!2人対3人のハンディキャップマッチでしたが…余裕の勝利です!
イベント終了後は司会&ゲストとの握手・記念撮影会…。おまけに二人のプロデュースしたフリトレー社のスナック菓子のお土産付き!実はこのスナック菓子…、一部のファンの間ではあまり販売していないので「幻のスナック」となっています…。見つけたら「即GET!」これが『掟』なのですが…、ダンボール箱山積みで大量に配られていました!三宅さんスナックはハニー&メープル味で袋を開けると甘ぁ〜い香りが半径約1mに漂います。甘い中にもちょっぴり塩味が利いて後を引くので、コンビになどで発見したら、是非お召し上がれ下さい!
とても、満足の一日でしたが…ボクの周りに「ジャンボ白田だ!ジャンボ白田!」と騒いでいる小学生が一人…。さすがにこのご時勢…「ジャイアントだっつうの!」と…、オヤジの身では子供には突っ込み入れられませんでした…。
posted by 水戸ブースカ at 23:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

思いがけない招待状

200611111900000.jpg

昨日、私を探している学生がいると机の上にメモ書きが残されていた…。
その学生は入学の際、色々とクリアしなければならない問題があり、両親を交えて2回も相談に乗り、1年生では名前と顔が一致する数少ない学生だった…。実はその時、席を外していたのも退学したいという2年生の保護者との面談だったので、その学生がボクを探していると知り、嫌な予感がした…。
嫌な予感というのは「退学」のことだ…。最近の学生はちょっとした困難にぶつかると乗り超える術を全く知らず、その壁をブレイクスルーことが出来ずに挫折してしまう…。「退学」ということに関する抵抗はボク達の時代とは全く違い、保護者も以外に寛容だ…。
彼は現在22歳…4年制大学を中退して、我が校に入学して来た…。最近、そういった学生は決して少なくないが、不退転の決意で入学してくるのか?成績は上位で卒業して行く…。彼は受験前も頻繁にメール相談を受けていて…その礼儀正しい文面からボクは顔をも知らない22歳の青年にとても好感を持っていた。…悪い方の予感だったら、正直がっかりだ…!裏切られたという気持ちも含め、内心そう思った…。
本日、彼と放課後に逢う機会があった。話を聞くと6/30に晴れて結婚する事になった。ついては是非、式に参列して欲しいとの依頼だった…。実は彼の入学前にクリアしなければならない問題は彼女が妊娠してしまったこと…。3月末に両親共々、途方にくれての相談だった…。
そんなことならばと…、返事は勿論、「OK!」本当に心から祝福したい気持ちだ…。
前祝で今宵は…今宵も乾杯!…仕事の疲れも忘れるいいお酒だ…。

テクノラティプロフィール

posted by 水戸ブースカ at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

茨城の男前と京おんなの酒

200704222047000.jpg

昨年、話題になった「男前豆腐」…最近、最寄のスーパーでもよく目にするようになった。豆腐一丁で300円オーバーは少し抵抗があったので、なかなか購入できなかったのですが…本日、「清水の舞台から…」飛び降りてみました!
やはり、美味いです!一丁100円の豆腐が三丁分凝縮したような濃厚な味(安直な説明)…。豆腐の分際で後を引く美味さを持っています…。
ただ、この「男前豆腐」…京都の「男前豆腐店株式会社」が製品化しているものと、茨城の「三和豆友食品株式会社」が製品化しているもの…2種類あるのはご存知でしょうか?
時代の寵児的扱いの伊藤信吾社長率いる「男前豆腐店株式会社」の方がメディアへの圧倒的露出で本家本元という感じですが…、実は最初に製造されたのは「三和豆友食品株式会社」の方…。とは言っても当時の「三和豆友食品」で社長を務めていたのは伊藤信吾氏の実の父親で、信吾氏自信も在籍。その時、開発した商品が「男前豆腐」など…。その後、伊藤信吾氏は京都で独立し、ヒット商品を連発!…現在に至るのですが…。一時期は両社共に友好的な関係を築いていたのですが…、現在は一切、関係の無いものとしています…。つまり、ひと悶着あった様子です…。また、パッケージは両製品とも酷似していますが、原料や製造方法は違うとのこと…。
今日、ボクが食べたのは「三和豆友食品株式会社」の「男前豆腐」の方…。そして、お酒はいただきモノの「よろしゅうおあがり京の酒」。「女性がもっと楽しめるお酒」というコンセプトでつくられた純米吟醸酒…。酒造米は幻の酒造好適米「祝」を使う…らしい?そして、ケースには「京おんなの心意気をぜひご賞味下さい。」と添書きが一枚…。女性が好みそうなフルーツを連想させるやわらかな吟醸香を立てながら、凛とした力強さを残す酒…。なかなか、上品で筋の通った「京おんな」です…。
茨城と京都の諍いの豆腐を肴に茨城出身のボクが京都の女性をイメージした日本酒で一杯…。
そう考えると、本当に味わい深いねェ…この「男前」と「京おんな」…。
posted by 水戸ブースカ at 22:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。