2007年07月05日

想い出のウイスキー…

200707052127000.jpg

本日はボーナス支給日でした!
こんな日は早目に仕事を切り上げて真直ぐ家に帰り…、帰宅するや否や…仏壇に賞与明細をあげて…チィ〜ン!、いつもよりチョット贅沢な肴とお酒で一杯…。奥さんや子供達にお小遣いを配り…父親の威厳を誇示する…今宵…。
いやいやボクは独身ですから…、そんなことはありません…(汗)。
いつもと変わりない残業と帰り道…、そしていつものように一杯です…。ただ、こんな事を書くと久しぶりに亡き父親のことを思い出しました…。ボーナス支給日の在りし日の父親はとてもご機嫌で…美味しそうにウイスキーを飲んでました…。我が父親は「昭和」の父親像そのもので…、「厳格」「頑固」「スパルタ」そのモノ…。子供達の前ではいつも眉間に皺を寄せながら…晩酌をしていました…。そんな父親の数少ないご機嫌の日がボーナス支給日…。ボクは近くの酒屋まで1000円札を握り締め「サントリーレッド」を買いに行かされていました…。そんな日は母親もご機嫌でちょっと贅沢な晩御飯を作り、ボクもいつもより軽い足取りで酒屋までお遣いに行ってました…。
思い出しますネ…そんな古き良き昭和…。今酔いはそんな父親に敬意を払い…ウイスキーを一杯…。残念ながら「サントリーレッド」は平成の我が家に置いていなにので…昨年、ごきげん番長さんに戴いた「BOWMORE」の「1992Cask Sample」…。
久々に実家に帰って、仏壇に線香をあげなくちゃネ…

posted by 水戸ブースカ at 23:03| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

なぜかバドミントン…?

200707042231000.jpg

我が部署でなぜか?バドミントンブームがやって来ました!
火曜・金曜の「ノー残業デー」を利用して運動をする事が目的なんですが…近くの体育館を利用して、先週の金曜日に初めて「バドミントンをやろう会」を開催しました!
中学や高校時代にバドミントン部に所属していた人は勿論ですが…、以外に素人衆が熱中です!ボクも多分に漏れず…ハマッテしまいました…。初日は3時間のプレーでしたが、張り切り過ぎて次の日は筋肉痛…。その次の日も筋肉痛…その次の日も…。
やはり、ここまでハマると借り物のラケットでは物足りなく…、早速、小山遊園地跡のショピングモールでマイラケットを購入してしました…。「バドミントン=YONEX」というイメージですが、ここは硬式テニスを愛する私としては唯一、販売していたBabolat社の製品!を購入!うぅ…ん、金曜日が待ち遠しいですネ…。
ちなみに「バトミントン」は間違えで「バドミントン」が正解です!インドネシアやマレーシアでは国技となっていますが…以外に奥が深いかも?
posted by 水戸ブースカ at 22:58| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

「ヒューヒュー!」が出来ないストレス

200706301155000.jpg

土曜日は在学中の教え子(授業はまだ教えていない。)の結婚式&披露宴に出席しました…。まだ、22歳の彼等…、この若かさで「結婚」を選択した2人には正直、脱帽である…。
22歳のボクはまだ大学3年生で…当時、結婚したい位好きな女の子はいたかも?知れないが…結婚する経済力も勇気もなかった。「結婚=恋愛の終着点」という考えは希薄な頃で、取り敢えず女の子と楽しく過ごせれば幸福だった。
そんな考えを持っていて38歳まで独身のボク…。今回は「乾杯の御発声」という大役を仰せつかってしまった…。確かに「乾杯の発声」は新郎側の職場の上司が行うのが定番なので…学生の彼からするとボクに頼むのが筋なのかも知れないが、一応、「先生」と呼ばれる立場なのでカッチリと堅く纏めるべきなのか?やはり、水戸ブースカ風に笑いを取るべきなのか?困ってしまった…。結局、チョイ笑いと取る感じで、無難にスピーチ致しました…。
でも、本当は…酒宴の席でセーブしてお酒を飲むのが一番辛かった…。友人の披露宴ならば暴露話やキャンドルサービス用のローソクへのイタズラ、下品な余興etc…アリアリなのだが…、立場上、それは絶対に出来ない!アルコールで心の箍が外れないようにチビチビとビールを約2時間、啜っていました…。
うぅ〜ん…多分?ボクの人生の中で「ヒューヒュー!」が出来なくて、ストレスが溜まったのは土曜が初めてだったと思う…。
posted by 水戸ブースカ at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

My favoriet things

200706282249000.jpg

お気に入りのモノはとても大切にする性質(たち)だ…。
本当に気に入ったモノを所有しているとそれだけで幸せになれ、いつも傍に置いておきたいと思う…。使っていると愛着が沸くというが…、ボクの場合最初からそれを愛おしく想い…、朽ち果てても大切にしまっておきたいと思う…。ただ、その逆もあり…、想い入れが薄いとどんなに価値がある高価なものでも不必要とあらば簡単に捨ててしまう…。
画像の「TIFFANY&Co」のキーホルダーを学生時代のバイト先の女の子に貰って、かれこれ…20年近く愛用している…。既にラインナップからは消えている商品かも知れないが…こよなく愛し、使い続けている…。何度も落として綺麗な球体をしていた部分も歪んでいびつな凹凸の球体に変わってしまったが…本当に大切にしている…。
残念ながら…?このキーホルダーの元オーナーであるバイト先の女の子は…元カノなんかではなく、ただのバイト先の後輩であった…。特別な感情は全くなく、キーホルダーはダメ元で物乞い?したモノ…。その後、音信不通になった彼女と先日、mixiを通じて再び交流を持ち…懐かしくブログに綴ってみた…。画像のキーホルダー置きに使っている「ボンベイサファイア」の灰皿もKELLSのY氏からの貰いモノだが「My favoriet things」のひとつだ…
posted by 水戸ブースカ at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

「White lie」と「Black lie」

200706252335000.jpg

日本語では「真っ赤な嘘」という表現をするが、英語では「善意の嘘=White lie」と「悪意の嘘=Black lie」という具合に「白」と「黒」で表現する…。今日、職場で後者の「Black lie」…「黒」の方に遭遇した…。「悪意の嘘」といっては何だが…その嘘は「利己的な嘘」で満ち溢れていて、自らの利益を守る為につかれた本当に…本当に汚い嘘であった…。ボクは話を聞いた瞬間から…その合点がいかない話に察しがついていた…、多分?嘘だと…。会議の参加者の中で一番最初に気付いていた…。正直に言えばその嘘も?周囲の人に受け入れられたかも知れないが…その部署一丸となって嘘に嘘を重ね、最後には「ゴメンなさい。」をする有様だ…。かなり、悪質だ!そんな会議は時間の無駄だし、本当にイヤになる…。
今日はボクの38回目の誕生日なのに胸糞悪い一日の締めくくりとなってしまった!
こんな事があって気持ちのコントロールが出来ないようじゃ…まだ、ダメだネ!と思いながら深酒…大好きなシャリュトリューズを「男のちょい割る強ソーダ」で…。次の日にキャリーオーバーしないのも大人かなぁ…?
posted by 水戸ブースカ at 23:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

魔の金曜日「電車男」

200706151722000.jpg200706221019000.jpg

本日は新潟主張…いつもよりちょっと遅めの8時に自宅を出て、駅に向かいました。
1日600円也(ここら辺の激安相場!)の駐車場にクルマを預けて颯爽と「みどりの窓口」に行くとなぜか?混雑!今までそんなことは一度もなかった最寄の小金井駅…いつもと明らかに空気が違います。かなり苛立ったお客さんと平謝りをする駅員…原因は大宮駅付近での架線切断事故…。でも、新幹線に乗る小山駅までは1駅なので楽勝と思っていましたが…これが甘かった…。
ここからの話はあまりに長いので割愛しますが…予定時間より大幅に遅れて新潟駅到着。集合時間にギリギリだったので焦って降りると大事な傘を忘れてしまった。雨に濡れて…8、7年ぶりに楽しみにしていた「東横」のラーメンはおろか昼食にもあり付けず…。でも集合時間にはセーフ。本当にやれやれ…の出張です。
そういえば先週金曜の名古屋出張時も人身事故で帰りに名古屋駅に足止め…約1時間。
この2週間続きの魔の金曜日…運が悪い「電車男」。勿論、「電車男」のような心ときめく出逢いはありません…。
ただ、お陰で読書三昧の一日でしたが…。
posted by 水戸ブースカ at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

「千年の眠り」と「百年の孤独」

200706192205000.jpg


今酔いは…先日、衝動買いしてしまったバカラのグラスに「千年の眠り」を沈めて一杯…。
今や、プレミア価格でなかなか入手できない「百年の孤独」の廉価版的な扱いもされるこの焼酎…これが意外な実力酒…全く引けを取らない味や風味を持っています…。厳選された大麦を原料に蒸留後樫樽で長期間熟成させた本格的古酒。熟成年数こそ不明だが永い眠りについた古酒は、時を経て薄い琥珀色の液体へと姿を変えた。そのつくり方が示すようにウイスキーそのままの麦焼酎…アルコール度数も40%と…十分な飲み応え…。
価値観は様々だが…兎角、その名前に躍らされ、必要以上に有難がって…物事の本質を確かめないヤツも多い…。時にボクもそんな輩のひとりだが…、後から気付き恥ずかしい思いをする…。そんなボクも流石に38歳を迎え…多少、物事を分別する眼力も身に付き、そんな輩を疎ましく思うことも多くなった…。有難がっている人を修正しようと説得を試み、努力しても徒労に終わる…。
そうしないことが大人なのか?寛容なのか?そうすることが若輩なのか?了見が狭いのか?未だに分らない…。
そんな事を考えると…「眠り」につく前に何故か「孤独」を感じてしまう…
posted by 水戸ブースカ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

日曜の夕方に風を感じて。

200706171456000.jpg

「本当に梅雨に入ったの?」と思うくらい晴れた土曜、日曜…。久々に…?本当に久々に自転車に乗ってみた…。愛車は「キャノンデールV900改」。購入したのは約10年前…今となってはクラッシックなバイクかも知れないが…?フレーム以外のコンポーネンツは全てアッセンブリーしたので、当時の全日本クラスのダウンヒルレースならそのまま持ち込めるようなコンペティションバイク…。購入時より室内保管を維持していたのでコンディションは驚く程良い!栃木に引越してからあまり『山』に行く友達がいなくなってしまったので、時々街乗りするぐらいしか使っていなかった…。街乗りするにしてもスタンドも無いし、ライトやリフレクター(反射鏡)、ベルなどの保安部品は勿論、装着して無い…(汗)。おまけにペダルはシューズをガッチリ!固定するビンディングタイプ(SPDペダル)…危なすぎて、カナリ!街乗りには適していない。しかし、突然『山』に持ち込んで乗るのも自信がないなので、取り敢えず…小山の街を散策してみる事にした。
気温も少し落ち着いた夕方の風を頬に受けるとホントに気持ち良かった…。自転車の素晴らしさを呼び起こすには十分過ぎる感覚…。距離にして約15qをあっちの店に寄り、こっちの店に寄り約3時間…。「小山ゆうえんち」跡地に出来たショッピングモールに初めて訪れたけどお気に入りの場所になりそうだ…。
そうそう、みなさん御心配の「筋肉痛」ですが?大丈夫ですヨ!お尻は痛いけど…(爆)。
posted by 水戸ブースカ at 22:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

新聞拡張員との攻防戦

200706012124000.jpg

毎週日曜にやってくるあの悪名高き新聞拡張員…試しに契約した3ヶ月の契約終了を境目から…あの手この手で攻めて来る…。敵も百戦錬磨の兵だが…、ボクだって一筋縄ではいかない!インターフォン越しのネゴシエーター(交渉人)としての手腕の見せ所だ!今回の新聞拡張員との攻防で手に入れた戦利品は洗濯用洗剤1ケース(12個)とビール券12枚!なかなかの好条件だ!
先日、そのビール券で購入した一本の焼酎…。佐賀の「芋焼酎」と聞いて、味の方は半信半疑だが…モンドセレクションの金賞を4年連続受賞と聞いては『一飲』の価値ありと判断し、購入してみた…。「宅飲み」の危険性は美味しかろうが不味かろうがその一瓶を飲み続けなければならないところ…。ワインやウイスキーならば値段からして非常にリスキーなのだが…焼酎はその一瓶の値段が「高が知れている」ところが…イイ…。
今酔(hikoさん風)の一杯は「芋濁三分濾過(いもだくさんぶろか)」。黄金千貫を100%使用した黒麹芋焼酎。芋本来の旨みを残し、雑味だけを取る為に三分濾過し、それに新酒芋焼酎の初垂れをブレンドした芋の旨みを味わえる焼酎。飲んでみたらこれがボク好みで旨い!まるで、芋を溶かしたようにフルーティーでトロリとした甘さとコク…の凝縮感は『芋リキュール』を連想させる位にスゴイ!圧倒的だ…。
あまりの口当たりの良さに、ついつい飲み過ぎてしまいそうだが…明日も仕事…。だがこれは飲むしかない!いや、止まらない…。
posted by 水戸ブースカ at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ラーメンへの煩悩 その9

200705292035000.jpg200705231235000.jpg200705231218000.jpg

このラーメンと出逢ったのは今から7〜8年前のことだ…。その当時、ボクは埼玉県の営業を担当していて、県内のラーメンを片っ端から食い漁っていた。さいたま市と久喜市から真直ぐ伸びる県道に突如現れる行列のラーメン店…地の利から言ってまずありえない程の行列。ボクがTVや雑誌等のメデイアで採り上げる前に入店した数少ない有名店「もちもちの木」…。
ここは「ガッン!」と来る濃厚鰹ダシがウリのラーメン店!ラーメンブーム黎明期にしてはかなり個性的な一杯だった…。スープ表面にはラードが覆いつくし、さながら味噌ラーメンで有名な「すみれ」の醤油版という感じ、油断していると間違いなく口内を火傷する位に熱い!!当時の白岡店(本店)は清潔感こそあったが内装も本当に貧弱で…そして狭く、カウンターで隣りの人と肘をぶつけ合いながら食べていた記憶がある…。
今回は日中に宇都宮駅に出向く用事があり、2年ぶりに宇都宮店でこの一杯にありついた…。「もちもちの木」はこの数年間で押しも押されぬ有名店となり、支店も新宿をはじめ、野田市、福島市、宇都宮市に店を構える程になった。宇都宮店はフレンチレストランを思わせる内装で混雑する昼時でもゆったりとこの濃厚鰹ダシスープを堪能する事が出来る…。久々にお店を訪れた翌日に「セブンイレブン」でこの店のカップ麺に出会い…思わず購入…。首都圏限定販売だが興味がある方は是非、購入してみると面白いかも知れない…。
ちなみに店名の由来だが…斎藤隆介作の物語「モチモチの木」らしい…?この物語はボクの小学校時代の国語の教科書に出ていて、とても思い出深い作品…。主人公は臆病者で「豆太(まめた)」と言い「とちの木」を「モチモチの木」と名づけていた…。「とちの木」は「栃木」の県木であり、そんな事を考えながら、宇都宮店で食すると…このスープもより一層に重厚な味に変わる気がする…。
ちなみに久々なので、モチロン…口内を火傷してしました…。
posted by 水戸ブースカ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。