2008年09月17日

母からの素敵なプレゼント その2

20080917185749.jpg

9/13,14,15と連休だったので、1ヶ月ぶりに実家に帰って来ました…。
そう、前回の帰郷は母親に素敵な「鰹節削り器」を貰って以来である…(汗)。実はそれまでにも水戸ホーリーホックのホームゲームや練習試合の観戦があったので、実家付近には何度か行っていたが、敢えてよらない事が続いていた…。まぁ、寄れば寄ったなりに面倒な事もあるのだ…。
実家に着いて早々に「あげるモノがある!」といって、母親が得意気に冷蔵庫から出してきたのが、画像のモノ…。チーズ各種(パルメジャーノ・レッジャーノ、ミモレット、ゴルゴンゾーラ)とイタリア産とスペイン産(イベリコ豚)のサラミ等…。年金と家賃収入の悠々自適の独り暮らしとしても…母親にはちょっと不釣合いな食品…。一瞬、可愛い息子の為に態々、購入したのかと?ふと、頭を過ぎったがそんなことはない…知人からの貰い物だった…。母親と兄、姉家族で分け…残ったボクの取分らしい…。
長居は無用!野暮な話が出ない内に「KELLS」に直行と思っていると…。
間髪居れずに…出ました!結婚しなさいの例の面倒な話…。今回はご丁寧にお見合いの話を用意してくれました…。まぁ、本人の同意を求めてからというのはいいのですが…相手の年齢を聞いてビックリ!!
「しないよっ!そんな、オバさんと…!!」
「あなただって、オジさんじゃない…。」うぅっ…反論できない…。
posted by 水戸ブースカ at 19:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

大塚愛 〜クラゲ、流れ星〜

20080909194546.jpg

大好きな人の誕生日ってどうしますか?
やっぱり、ボクも男だからこんな風にしちゃうんだよなぁ…
まぁ基本なんですが…前日の仕事帰りにクルマなんか洗っちゃって、ガソリンは「Fゲージ」まで満タン!勿論、クルマの室内清掃もして…彼女のお気に入りのCDは忘れずに準備。今の時期、冷房が苦手な女の子だと長距離ドライヴすると冷えちゃうので、ブランケットも忘れずに用意して、ドライヴの準備はOK!
これが、前日の仕込みで忘れちゃいけない大事なコトなんですが、年取ると面倒で端折っちゃうんだよネ…。ここは絶対!日付が変わった瞬間にデコメール!ちょっとだけ感謝の返メールに期待して、夜中の2時頃まで起きていて…結局、来なかったりして…残念!自分には「明日のデートの為に彼女は早く寝たんだっ!!きっと!!」と言い聞かせる…(涙)。
えぇ?彼女の誕生日が平日ならどうするかって?当然、仕事は休みますヨ!当たり前っしょ!!
デートの当時はチョトだけ…本当にチョットだけ遅れて行って「ゴメン。これ買うのに時間掛かっちゃったヨ…。」って、ガーベラの花束を渡す。迷っちゃったて…彼女がガーベラ好きなのリサーチ済だろう!?
デートの場所も食事の場所も…リサーチ済で (以後、割愛)

こんな、雑誌に載っているようなマニュアル君はボク等の若い頃だけなんどろぅなぁ…?
実は本日、大塚愛様の誕生日なんです。
mixiのファンのコミュニティーで9/9の誕生日には「大塚愛」を日記を書いて「注目キーワード」の上位にしようというトピックスが立っていたので、忠実なファンとしては協力してみました…。題名は検索に引っかかるようにベタにしましたゴメンなさい…。
勿論、明日発売の「クラゲ、流れ星(大塚愛)」デビュー5周年記念限定版を購入して、聞きながら打っています。今日は湿度も低く、窓を開けると心地良い秋の夜風が優しく吹き込んできますが、細心注意を払って二重ガラスの窓は全閉です。外に音が漏れて、近所の人に怪しい独身オヤジと思われると困りますので…。
こんな事、書いてれば十分怪しいって…。でも、新曲イイですヨ…
posted by 水戸ブースカ at 21:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

母からの素敵なプレゼント

20080901220627.jpg

夏休み実家に帰郷した際に母親からいただいた素敵なプレゼント…「鰹節削り器」。
おいおい、ボクが独身って知ってますよネ?こんなの貰ってどうしろっていうの?
「だって、あんた…料理好きでしょう!」って母上様…。
あぁ好きだよ!やはり、和食の基本は出汁だから…。特に鰹節には並々ならぬこだわりがある!やっぱり鰹節は自分で削らないとネ…。コクがある出汁を取るなら厚削り、ホウレン草のお浸しにパパって掛けたり、上品でスッキリお出汁なら、吹けば飛ぶような薄削り!カンナの歯の調節は男の美学だネ!勿論、鰹節は枕崎産の本枯れ節…に決まっているだろう!本枯れ節は叩くと乾いた金属音がたまらないんだって…って。そんな、『毒身男性』いないヨ!料理人なら兎も角、ボクは普通のサラリーマンですから…。
そんな父性に近い、我が母の母性…。ただ、思い出すのは毎日、夕方になるとお手伝いで削って鰹節…。ホントに毎日、毎日削っていました…。あなたの料理好きになる英才教育はバッチリでしたヨ!!
そうそう、最近独り暮らしをはじめたあなた…。いつまでも母親にパラサイトしていないで、お料理にでもチャレンジしてみては?実家に帰って顔を見せて、母親の作ったお惣菜を持って帰るのが…親孝行でしょうか?未熟でも自ら作った料理を実家に持って凱旋してみてはいかがでしょうか?それが、本当の親孝行だとボクは思うのですか…?だって、その為に大枚叩いたんだから…。貴重な経験とはそんなことだと思いませんか?
ちょっと説教臭いなぁ…ちょい不良オヤジ…。
posted by 水戸ブースカ at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。